あつ森とFF4リメイククリアなど

あつ森の観光案内メーカーで自分の島のポスターを作ってみました。


公式サイトが公開している、観光案内メーカー。
自分の島のポスターや動画を作れるということなので早速試してみました。
作り方は公式サイトでわかりやすく説明されてるので割愛。


実際の操作はスマホになります。
制作過程の画面がかわいい。


で、出来上がったポスターがこれ。
ポスターのテンプレも縦横いろんな種類があり、キャッチコピーも選べます。
これは全種類で作りたくなるおもしろさ。
これからあつ森で遊ぶときは、ポスター映えを気にしてスクショ撮りそうです。
動画も作ったんだけど、とりあえずの画像で作ったのでまたきちんと作り直してアップできればと思います。
ポスター同様、動画用のスクショも集めなければ^^;


そしてそしてサンリオamiibo。
事前予約は出来なかったので、発売日当日ダメ元でコンビニのセブンへ。
仕事だったので帰宅後だとないだろうなと思って出勤前に。
駅までの道、セブンが3軒あるのでそのなかでなければ諦めようと思っていたら2軒目で購入できました。
5パック買って無事コンプ。


早速パニーの撮影スタジオに呼び出す。
みんなかわいい(*´∀`*)
でも今島にいる住民と入れ替えることは考えてないので、撮影で遊ぶときにまた呼び出そうかな。
でもってサンリオamiiboが欲しかったいちばんの理由は家具。
一日5点までの購入制限がもどかしいけど、こつこつと集めようかなと思います。


ここからFF4リメイククリアしたのお話。


最終ダンジョン長かった(T_T)
4は他のナンバリングと比べて全体的にバトル難易度高いほうだと思う。
特に最終ダンジョンの月の地下渓谷に出る敵が強すぎて…
ザコ敵でさえも中ボスクラスのものが普通に出てくるから、何度も全滅くらいました。
カインが二度も裏切るから、パーティに戻ったときのレベルがひとり低くて泣ける。
まあそれでもカインは得意のジャンプでしれっと敵からの攻撃を逃れてるラッキーさがあるけどw


エンディング。
この場面を見ると、カイーーーン!!(´;ω;`)ってなる。
主にお気持ちお察しします的な意味でw


FF4の仲間は老若男女個性豊かで楽しい。
しかしこうして改めてみると、じじい多いなw


ふたつの月を見上げるセオドール(ゴルベーザ)と両親でエンディング。
ゴルベーザが悪に染まった経緯を思うと、この画は切ないね。
スタッフロールで流れる愛のテーマがまたいい。

4はDSで出たリメイク版が初プレイで今回は二周目。
DSの2画面があまり好きじゃなかったのと、先にも述べたバトルでいろいろ苦戦した思いから二周目しようとは当時思わなかったんだけど、キャラとかストーリーは好きだったので今回Steamで出たことでプレイしました。

4でいちばん好きなシーンがルビカンテ戦。
怒りに震えてエッジの力が覚醒するという彼のかっこいい真骨頂な場面。
曲の「ゴルベーザ四天王とのバトル」の入り方が絶妙でバトルが燃える!
ということで、私の好きなFFバトル曲を語ります。
プレイしたFFのみになるけど。


まずはFF4。
4は「ゴルベーザ四天王とのバトル」と「バトル2」。
ラスボス、ゼロムス戦の「最後の闘い」もかっこいいんだけどビッグバーンが怖くて怖くてちょっとしたトラウマ曲でもあるw
次、FF7。
7は派生含めいろいろアレンジがあるけど、原作なら「闘う者たち」と「更に闘う者たち」。
通常バトルとボス戦の曲なんだけど曲のタイトルもまた好きなんだ。更に、と付けるとことかw
この2曲のアレンジはACバージョンも好き。
リメイクならガードスコーピオン戦とエアバスター戦の更に闘う者たちのアレンジが好き。
あと「J-E-N-O-V-A」も原作、ACアレンジともに燃える。
CCのアレンジなら「ファーストミッション」が好き。
原作の「オープニング~爆破ミッション」のアレンジ。
次はFF8。
8は「Don’t Be Afraid」と「The Man with the Machine Gun」。
前者がスコールたちの通常バトル曲、後者がラグナたちのバトル曲。
ラグナがとても好きだったな。
次がFF9。
9は「バトル」。
通常バトル曲なんだけど、とにかく曲のイントロというか始まり方がとても好き。
9は燃える戦闘曲よりも「Melodies of Life」や「いつか帰るところ」のような優しい曲に癒やされてる。
そしてFF10。
10は「Other world」と「シーモアバトル」。
ジェクトのテーマでもある「Other world」はFFでは珍しいデスメタルな楽曲。
当時、ガラケーで着メロが流行っていた時代。
これを着メロにしたくてめっちゃ探した記憶があります。
それくらい大好きな曲。
シーモアは言うことや行動がキモいけど、曲はかっこいい。
次、FF12。
12は「ボス戦」と「剣の一閃」。
どちらもボス戦で聴く曲。
この頃から作曲が植松さんじゃなくなって、12では崎元仁さんが作曲されている。
この2曲もバトル中に聴くとテンション上がって、私の中ではFF好きな曲上位に位置する曲です。
最後はFF13。
13は「閃光」。
ゲームのストーリーは私には合わなかったけど、この曲は好き。
作曲は浜渦正志さん。
浜渦さんは10でも少し作曲されていて、好きなのはユウナの結婚式に乗り込むときの「襲撃」。


今回こうしてバトル曲のみでピックアップしてみたけど、FFは戦闘曲だけじゃなくフィールド曲とかもいいのがいっぱいある。
だいたいの曲が聴けば、どの場面で流れていたとかわかるぐらい印象に残る曲が多い。
今はサブスクで音楽配信が気軽に楽しめるので、FF知ってる方も知らない方も機会があれば聴いてもらいたいなと思いました。


FF4が終わったから次はFF7の原作をひさしぶりにやろうかなと思ってる。
そういえば、リメイクではユフィのDLCが出るみたいだね。
まあこんなふうにDLCで細々となにか出すんだろうなというのは想定内だったので驚かない。
PS5版リメイクも絶対出ると思ってた。
でもPS5版のリメイクインターグレードを買わないとユフィ編を遊べないとはひどい。
私はこの先リメイク7は買うつもりないからいいけど、リメイクを支持してくれてる人たちのためにPS4でもユフィで遊べるようにしてやれよとは思う。
なによりPS5を持ってる人自体少ないだろうに。
あーあれかな、PS5を普及させるための発売なのかな?
なんにしても、こういうことされることでFF7の原作にまで悪印象がつきそうでそれがいちばんイヤだ。
あと7関連で出た情報だとファーストソルジャーとエバークライシス。
エバークライシスのほうはオリジナル準拠なリメイクで、出された映像を見る限りキャラもデフォルメ調。
そうそうリメイクはこういうのでよかったんだよ!と思っていたら、ディレクターの野村さんがインタビューで”「こういうのでいいんだよ」にお答えしたもう一つのリメイクの形です”って…
私自身本当にそう思ったからあれだけど、あんまりこういうことを開発側の人が正直に言って欲しくないなって思ってしまった。
なんていうか、乱暴に言うと「リメイク改変がイヤならこっちで遊んでろ!」と言われてるみたいでw
でも実際プレイしてみたいなんて思ったからこっちはやろうかなと思ったら、スマホかよ!w
しかも配信が2022年。
まあなんて言いますか、開発の方たちは時間がたっぷりあるみたいでいいですね!というのが感想です。